評判悪い?モンローウィンクで効果が出る人出ない人

 

モンローウィンクですが、つい先日妹のようにかわいがっている後輩に紹介したんですが、評判は上々。

 

私と同じように、まつ毛にコシが出て「ビンッ!」としてると言ってました。

 

 

でも口コミを見るとなかなか効果を感じられないって人もいますよね。

 

「この違いはなんなんだろう」と思っていろいろと考えてみました。

 

というわけで、まずは効果を感じられない人の評判を探してみました。

 

まつ毛が伸びると思って、1ヶ月モンローウィンクを使ってみました。期待していましたが、全く伸びませんでした。

 

う〜ん。まつ毛が伸びたなどの変化はありません。効果を実感するほどではありませんが、少し抜け毛が減ったかも…。ひと月続けた感想です。

 

抜け毛は減ったと感じているものの、まつ毛が伸びるなどの変化は全くなかったようです。

 

ただ気になるのは1ヶ月しか使ってないことです。

 

こちらのページでも書きましたが、まつ育の効果って「そんな簡単には実感できないじゃないかな?」って思うんです。

 

確かにわたしや友人の評判を聞く限り、コシやハリが出てきたというのは短期間で感じられる人もいると思います。

 

特にまつ毛が傷んでいたりすれば尚更早い段階で浸透するんだと思うんですよね。

 

 

ただ「伸びる」ということだと話は変わってきます。

 

 

人間の毛には、毛周期というのがあるんですよね。

 

肌のターンオーバーは割と知っている人も多いと思います。肌細胞が生まれ変わる期間があるということです。

 

これと同じように、毛も周期的に抜けては生えてきてということを繰り返します。

 

ですから、単純にぐいぐい伸びていくわけではありません。

 

毛周期は、下図のように初期→成長期→退行期→休止期と順番に繰り返しています。

 

毛周期のイメージ図

 

 

初期〜成長期
初期は見た目の部分ではなく、皮膚の奥底で少しずつ成長の準備をしています。その後成長期に入ると、見た目でわかるように皮膚からまつ毛が出てきて、伸びていきます。

 

退行期
毛には毛母細胞というものがあり、それがなくなると成長がストップします。この段階は人間でいえば大人。成長はすでに終わり完全に成熟している段階です。

 

休止期
役目を終えた毛が抜け落ち、また新しく生まれ変わるための準備をします。

 

 

ここで重要なのは初期〜成長期の部分です。ここでしっかりと栄養を補給してあげることで、太くて丈夫なまつ毛ができやすくなります。

 

人間でも栄養不足では体は成長しませんよね?それと同じです。まずはまつ毛の土壌がしっかりと整うことで、その後栄養が行き届いたまつ毛が生えてくるわけです。

 

なので、まつ育に毛周期の存在は無視できないんですよね。

 

そのサイクルは30〜100日と言われていて、人によって期間がかなり変わります。

 

そのため完全に効果が実感できるとすれば、そのくらいは最低必要ってことになります。

 

 

 

ということを踏まえて結論!

 

1ヶ月で効果を実感しやすい人は、もともと傷んでいた人や毛周期が短い人。

 

毛周期の長い人や、まつ毛を伸ばす本当の意味でのまつ育を目指す人は、最低3か月〜4ヶ月は必要なんだと思います。

 

モンローウィンクに限らず、本気のまつ育にチャレンジする方は、長期的な視点持った方がいいのかもしれませんね。

 

page top